看護師の仕事内容

看護師のお仕事は非常に大変です!

看護師という仕事は一般的にみれば患者様に密に接して、患者様が十分に療養ができるよう看護を行う仕事なので、非常にやりがいがありそうに感じます。実際良い面を見つめれば本当にやりがいも感じますし、何より忙しくて心身ともに疲れていても、患者様の感謝の一言で全ての労が報われるときもあります。しかし、看護師のお仕事というのは、一人の患者様に付きっ切りというわけにはいきません。一昔前では、一人で10人以上の患者様を見ていた時代もありましたが、少し緩和され一人の看護師に7人が一般的になりつつあります。それでも看護師が不足している今、看護師への業務負担はかなりきついものになっています。

看護師の業務内容とは

看護師の業務というのは、一般的に看護といっても、かなりやる事が多いのが現状です。バイタルや服薬の管理、注射ばかりが看護師の仕事ではありません。当然患者様が動く事ができないときは、車椅子への乗り降りの介助もしますし、服の着替え、トイレへの付き添い、検査室への送迎、ドクターや他職とのカンファレンスなどたくさんの業務をこなしていかなければなりません。
看護師の負担を大きくしている要因として、基本的に入院を必要とする病院やショートステイなどの施設では、看護師が常に一日中必要になるので、2交代制や3交代制などの勤務形態をとっています。その為、体調の管理などの難しく、心身ともに疲弊してしまう方も多いのです。

 

看護師の業務内容や給与などに不満を抱えている方も多い

看護師の業務負担の現状は、上記を見ても感じていただけると思いますが、給与面や有給がきちんと消化できない事、サービス残業の多さなどに不満を抱えている方も非常に多いです。当然、患者様を相手にしているので、急な用事があればすぐに駆けつけてあげたい気持ちの反面、その残業代や手当ても不十分とあっては不満も溜まっていくばかりです。
まずは、自身がどういったことに不満を感じているのか、きちんと考えてみるといいでしょう。次にその問題は上司に報告したり、業務の改善に向けて会議などの話し合いを行えば改善が可能なのか、考えて見ましょう。自身の希望する条件が解決できないのであれば、看護師の求人サイトで新しい転職先を検討してみるのも手です。看護師が不足している今では、好条件での看護師求人はたくさんあります。看護師の求人サイトでは、あなたの希望する条件に合わせて非公開求人をたくさん紹介してくれるので、一度覗いてみるといいですよ!

 

看護師の転職なら好条件で相談できる求人サイトがオススメ!

 

 

水虫の臭いに悩んではいませんか?

足の臭いが気になる方は多いと思いますが、その原因として水虫も関わってきています。水虫にかかると、皮膚が白癬菌に侵食されて、皮膚の皮がめくれたり、乾燥しやすい状態になりますし、皮膚が肥厚したり、爪の形が変形し滑らかな状態ではなくなります。そういった状態が続きますと、なるべくきれいな状態を意識して洗っていても、細かい皮膚の凹凸や変形した爪の間まできちんと洗いきる事が難しくなり、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。この雑菌こそが、足の臭いの原因の多くを占めており、水虫の白癬菌が臭いを発しているのではないのです。ですから、雑菌の繁殖しにくい足に変えていくのが、足の臭い予防には必要です。

水虫と雑菌による足の臭い

基本的に足は汗をかきやすいのが普通ですが、主にエクリン腺という汗腺がほとんどです。エクリン腺が発する汗というのは、ほとんどが無臭で、基本的には汗には臭い物質が含まれていません。水虫が皮膚や爪の侵食を繰り返して、通常の皮膚状態を維持できなくなると、細菌が繁殖しやすくなり、重度の場合はがれた皮膚の間から細菌が侵入して、感染症を引き起こす事に繋がります。足の臭いの原因となる雑菌は、増殖する際に臭いの原因となる物質を放出するため、これが主な足の臭いの原因といわれています。雑菌というのは、湿度の高い環境や、体温のような温度の高い周囲を好む傾向があるので、靴の中や、足の指の間というのは細菌にとって、好条件が揃っている環境なのです。靴を長時間履き続けることによって、かいた汗が乾燥する事が少なくなり、靴の中が湿って蒸れる状態が続きます。また、靴を定期的に洗っている方も少ないので、菌が繁殖しやすく、靴自体も臭いを発する事が多いです。当然その靴の中に足を入れていれば、さらに菌が繁殖し、臭いが増してしまうのは容易に想像がつくと思います。

水虫の治療は早期に!

足の臭いを予防するには、足先のきれいな状態を維持する事が重要です。まず、菌の繁殖しやすい環境を作ってしまう水虫の治療は早期に開始しましょう。水虫菌は増殖スピードが速く、放っておくほど治療に時間がかかりますし、重度になるほど爪にまで侵食し、薬剤が届きにくいなどの影響が出現してしまいます。また、水虫菌は、水虫に感染した方が裸足で歩いたりする事によって、床面で菌が増殖し、気づいたときには家族中が水虫に感染していたという事も珍しくはないのです。水虫の治療は自身の問題ではなく、家族全員で水虫菌の根絶と治療に取り組むようにしましょう。